<< 2008/02 >>
sun mon tue wed thu fry sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -



プロフィール

瑠景楼オーナー

Author:瑠景楼オーナー
瑠景楼ブログへいらっしゃいませ
京丹後市久美浜町/小天橋の旅館です。
日本海すぐ側に建つ老舗旅館をリニューアル!
季節毎の海鮮料理が自慢の宿へ是非お越し下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2008.02.18 11:00
Q. 松葉ガニとズワイガニはどう違うの?

A. ズワイガニは標準和名です。松葉ガニは山陰地方の特産物で、ズワイガニと同じカニのこと。他に
  石川・福井両県を中心に越前ガニの呼び名もある。
  なお、ズワイガニの語源は、華道で使う「すわ枝」のことです。
  (すわ枝…木の枝や幹から細く長く伸びた若い小枝)
スポンサーサイト



2008.02.17 16:00
Q. 雄と雌の見分け方は?

A. 雄ガニは大型で甲羅の幅が15、6cmに成長し、きわだってハサミが大きい。雌ガニは小型で、甲羅を
   取ると内側に美しい柿色の卵(通称、内こ)があり、腹側に卵(外こ)を抱き、ハサミは貧弱です。

kani2.jpg




2008.02.16 12:14
Q. 雄と雌は別々に住んでいると聞いたけど本当?

A. 交尾した後は、雄ガニと雌ガニは別々に住みます。処女ガニ(交尾前の雌ガニ)は、まだ雄ガニと
  同水域にいるが、交尾を終えた雌ガニは水深240m近くへ移動する。 
             kaniq3.gif




2008.02.15 00:10
Q. 子供は何処で育つの?
A. 母ガニが抱いていた卵から孵化した子ガニは、海中を漂い、約80日間の浮遊生活、その後親ガニのい
  るあたりに着底します。

  浮遊期と着底期(右下)のズワイガニ
                   kaniq7.gif
海底では毎秒5cm以下の流れがあり、生まれた幼生が稚ガニとなって着底するまで浮遊生活を送ります。幼生の間は親ガニとは似ても似つかない姿をしています。



2008.02.14 11:07
Q. カニのエサは?

A. 水深200~350mの海底に住む小動物で、ヒトデ、貝、ゴカイ類など。エサのないときは、脱皮した
  自分の甲羅も食べます



2008.02.13 13:03
Q. 甲羅でおおわれたカニはどうして成長するの?

A. 脱皮をします。古い甲羅の内側に新しい甲羅を畳み込むようにして待っていて、成熟するまで脱皮を
  繰り返します。雄ガニは7~10年、雌ガニは7,8年で成熟します。


kaniq11.gif


   松葉ガニの脱皮の様子
   黒い部分が新しい甲羅のカニ。脱皮してから約1ヵ年は甲羅も軟らかく、見入りもよくない。
   このカニを「水ガニ」と呼ぶ。



2008.02.13 10:55
Q. カニはどんな方法でとるの?

A. 底曳き網です。丹後では通称「手繰」といっています。袋状の網がついた長い網を海底に下ろし、
  操業の最後の網を底曳き機船に繰り上げます。
  
               省令による松葉ガニの漁獲規制

            禁止期間   雄ガニ…3/21~11/5
                     雌ガニ…1/11~11/5 

   甲殻90mm未満の雄ガニと外仔卵を持たない未成体の雄ガニは漁獲禁止になっています。





2008.02.12 17:54
浅茂川夕日2





2008.02.12 09:32
屋上から




2008.02.11 16:20
Q. 漁期が冬の間だけなのは何故?

A. 日本海の気候で、カニがもっとも美味しく味わえるのが冬。脱皮して品質が落ちる早秋とか、
   卵から子ガニが生まれる早春などは獲りません。



2008.02.08 15:55
Q.  丹後のカニが日本一美味しいわけは?

A.  漁場に近いから。水温が摂氏1~5度の海底から上がってきたカニは、海上の気温に
   よって肉質に変化が起こりやすい。したっがって、その日のうちに水揚げする丹後の
   カニはより美味しい。



2008.02.08 15:27
Q. 松葉ガニを楽しく、美味しく食べるコツは?

A. カニの体の作りは、節(ふし)ごとに区切られているので一つひとつの区切りをよく見て、
  自分でコツコツと身をほぐしながら食べます。
  自然の恵みへ重いを寄せれば、区切りごとの微妙な味わいの違いがわかります。
  ハシは区切りと平行に使うと身離れがよい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。